犬のおやつはどれがいい?どんなものがおすすめ??

 

犬の食事といえばドッグフードですが、おやつもあげたくなりますよね?

そこで、今回は「おやつ」をテーマにご紹介します。

犬のおやつってどんなものがあるの?

犬用のおやつは様々な種類が存在しどれを選んだら良いのか迷ってしまう程です。

おやつの種類によりご褒美・しつけ・お留守番・歯磨き・投薬等用途に合わせて使い分けるのも良いでしょう。

犬の健康を気遣う飼い主さんにおすすめなのは無添加で素材そのものが分かるおやつです。

例えば鶏ささみ・鹿肉等を乾燥させたジャーキーです。

パッケージに保存料・塩分・甘味料等の添加物が書かれていない物を選びましょう。

ご褒美やしつけで使う際のおやつは小さなものが便利です。

大型犬であればジャーキーを小さくカットして与えるのがおすすめです。

対して小型犬は噛む力が弱めなので犬専用の小さなクッキーやスナックなどを使ってご褒美にすると良いです。

過剰に与えてしまうと肥満の原因になりやすいので原材料表示のカロリーを参考に1日の目安を決めて与えます。

お留守番の時には犬用のお留守番専用知育玩具を活用しましょう。

知育玩具に小さなおやつを入れて置けば夢中で中の物を食べようとしているうちに
飼い主さんが出かけられるのでお留守番の寂しさを紛らわせることが出来ます。

大型犬は顎の力が強いので知育玩具を誤食してしまう恐れがある場合があります。
その際噛み応えのある長持ちするおやつを与えても良いでしょう。

例えば野生の鹿の角や骨を乾燥させた自然派のおやつが出回っています。

歯磨きは専用のガムのおやつが出回っているので歯磨きを嫌がる子には定期的に与えて歯の清潔を保つことが出来ます。

投薬にはソフトタイプのおやつに入れて食べさせたり錠剤を包める程度の硬さに調節してあるおやつが市販されていますので飼っている子の好みに合わせて選びましょう。

 

 

犬のおやつの種類とは?

愛犬のおやつはとても悩みます。

低カロリーで体に良くて健康維持できるものなど悩み出したらキリがありません。

肥満体質にならないようにおやつを上げることが必要です。

そんなおやつには色々な種類があります。

愛犬のことを考えて、適したおやつを与えるといいです。

 

1.歯や顎を丈夫にしてくれる「歯磨きガム」

歯磨きガムは、歯や顎を丈夫にしてくれます。

とくに愛犬の歯ブラシは毎日することは大変です。歯ブラシを嫌がる愛犬では時間が掛かって苦痛に感じてしまいます。

そのため、歯の健康維持を考えて歯磨きガムをオススメします。

2.筋肉を作る「ささ身」

ささ身は筋肉を作ってくれます。

そのため高齢から若い愛犬まで与える必要があります。運動量が多い愛犬にはとてもオススメです。

高齢の愛犬の場合、運動量が減ります。そのため筋肉量が減ってしまうため意識して与えることをおすすめします。

3.骨を作る「にぼし」

にぼしは、カルシウムが豊富に含まれているため骨の健康維持に役立ちます。

特に成長盛りの若い愛犬や骨が衰えだす老犬にはとてもピッタリです。

4.サプリメント代わりの「クッキー」

最近のクッキーには、乳酸菌やカルシウムなど健康を維持する上で必要な成分が含まれます。

そのため、健康維持を考えてクッキーは定期的に与えることをおすすめします。

おやつで犬をお利口に♪しつける方法とは

おやつは犬のご飯だけでなくしつけにも利用できます。

ここではどうやっておやつでしつけをするか紹介します。

 

犬のおやつの与え方とは?

 

無邪気に喜ぶ顔が見たくてついつい沢山上げてしまいたくなりますが肥満の原因にもなりますので可愛い犬の健康の為、飼い主さんが節度を持って与える事が大切です。

おやつを与える量の目安は1日の必要な総カロリーの20%までなのでおやつのカロリーも把握しておきましょう。

あげすぎたなと感じたら主食のドッグフードの量を調節する等カロリーオーバーにならないように注意します。

おやつは犬にとっても楽しみの一つで有効的にしつけで活用するのはとても良い手段ですね。

お利口にしていたご褒美としておやつを与える事でしつけがスムーズにいくことは間違いありません。

決められた量のおやつを効果的なタイミングで与える事で甘やかすことなく健康的な子に育てることが出来ます。

しつけに有効な与え方としてはおやつを与える際に「よしよし・おりこう」等の声掛けの他にクリッカーと言う「カチッ」と音が鳴るしつけ器具を使う事がおすすめです。

犬の高い知能のお蔭で 良い行い+クリッカー+おやつ=嬉しい という紐づけが簡単に出来るのでおやつを過剰に与えることなく楽しくしっかりしつける事が可能になります。
*クリッカーは安い物で500円前後から犬用グッズを扱う店やペットショップ等で販売されています。

 

 

おやつで犬をしつける方法とは?

トイレやお座り、待てなど愛犬をしつけたいと思います。

しつけることで行儀がよくなり、愛情が増し愛犬との生活が楽しくなります。

そんなしつける方法としては、いくつかありますが簡単な方法があります。

誰でもでき、愛犬もいう事を聞いてくれる様になります。

そんな簡単にしつける方法とは、おやつを上げることです。

人間でもそうですが、ご褒美があることで率先して言ったことを行ってくれます。
ビスケットやクッキー、にぼし、ビーフなど愛犬が喜ぶ物を上げるようにするといいです。

やり方はとても簡単で、最初は強引にそのしぐさをさせます。

そのタイミングで「待て」「お座り」など声に出して教えます。

その後に褒めながらおやつを与えます。

この行動を繰り返し行うことで、愛犬は言葉を覚えます。

その後に行動にだし始めます。

そうすることで、「待て」と言えばそのポーズをしてくれるようになります。

はじめは根気強く行ってください。

なかなか覚えてくれない場合は、おやつの種類を変えることですぐ覚えてくれる場合もあります。

与えるおやつの量は少量で構いません。

多く与えてしまうと、お腹がいっぱいになってしまい、いう事を聞いてもらいづらくなります。

とにかく、行動を教え褒めてからおやつを与える。

繰り返し行ってください。