ドッグフードの選び方

ドッグフードはペットショップやドラッグストアなど様々な場所で購入できます。

たくさん種類もあってどれを購入すればいいか迷いますよね?

ここでは、ドッグフードの選び方についてご紹介します。

ドッグフードの粒の種類や大きさは何を選べばいいの?

ドッグフードの粒の大きさ・種類・形など様々で何を選んだら良いのか迷いますね。

粒の大きさの目安として1cm前後の物は大粒・8mmの物は中粒・8mm以下の物は小粒タイプとして市販されています。

体の大きさに合わせて大型犬は大粒・中型犬は中粒・小型犬は小粒等と決めつけてしまうと少々問題が有ります。

飼っている犬の食事スタイルを観察してみましょう。

まずは丸呑みするタイプよく噛んで食べるタイプか見てみます。

ドッグフードを丸呑みする事は犬にとってそれほど問題ではないのですが消化力が弱い子犬や老犬等が丸呑みすると消化不良をおこして軟便になったりするケースが有りますのでその場合は小粒の物を与えます。

それでも改善しない場合はドッグフードをお湯でふやかしたり年齢に合った消化の良いフードに切り替える必要が有ります。

比較的消化力があり元気な子でも早食いしてフードが喉に詰まってむせたり吐き戻してしまう事が有ります。

その場合は大型犬にも中粒や小粒のフードが合います。

合わせて早食い防止の食器等を使い時間をかけて食事させることでむせや吐き戻しを防止する事が出来ます。

しっかり噛んで食べたい子には中粒や大粒のドッグフードが合うでしょう。

カリカリと粒を噛砕くことでストレスの解消にもなりますし歯磨き効果も狙えます。

市販されているドッグフードには粒の大きさの他に形もバリエーション豊富です。

三角形・球形・錠剤型・花形等様々な物が市販されていますので飼っている子の好みに合わせて選ぶのも良いですね。

フード選びには原材料もポイントの一つです。選び方についてはこちらで紹介しています。

・ドッグフードの選び方|原材料はここを見よう

 

 

ドッグフードのカロリー量はどれくらいのものがおすすめ?

犬はチワワの様な超小型犬からセントバーナード等の超大型犬まで幅広い体格の種類が存在していますね。

当たり前ですが一日に必要なカロリーはその犬種によって違ってきます。

カロリーをコントロールするには基本的にドッグフードの量で増減する事が可能です。

まずは犬種別の理想体重が分かるサイトなどで調べ飼っている犬種の健康的で理想的な体重を知る事から始めましょう。

ドッグフードのパッケージに体重・与えるフードの量・100gあたりのカロリー等が記載されていますのでそれらを使い計算していきます。

簡単にドッグフードのカロリー計算ができるサイトも有りますので活用してみてください。

一般的に避妊・去勢手術を受けている子は体重が増加しやすい傾向が有りますので
専用のローカロリーなドッグフードを与える事もおすすめです。

太り気味でダイエットが必要だからと無理に食事の量を減らすと犬にストレスがかかり逆効果です。

ダイエット用のドッグフードが沢山市販されていますので切り替える事も検討してみてください。

老犬や食の細い子には少量でもしっかり一日分のカロリー摂取が出来るハイカロリーなフードを与えるのも良いです。

妊娠・出産後や病中病後も必要なカロリーが変化しますので獣医さんや犬種に詳しいブリーダーに相談する事も大切です。

ドッグフードの選び方|原材料をここを見よう

犬も大事な家族の一員と思っている飼い主さんは、愛犬の食事にも気を使う方が多いと思います。

でも、ドッグフードってたくさんあって、一体何を基準に選べばいいかわからないですよね

フード選びの際には、まず、危険な原材料を使っていないかを確認することが重要です。

ドッグフードの原料表記を確認してみましょう。

 

ドッグフードの危険な原材料の見分け方

 

ここには、フードに含有されている原料の多いものから表記されています。

肉や魚などのたんぱく質が一番に表記されていればよいのですが、小麦やトウモロコシなどの穀物類が表記されている場合は気をつけましょう。

まず、犬は穀物を上手く消化することができません。

また、アレルギーや皮膚のトラブルの原因になるともいわれています。
良質のドッグフードは、穀物不使用のグレインフリーが多いです。

肉にも注意が必要です。

肉類、○○ミート、○○副産物などの表記がある場合は危険な肉が使われています。
4Dミートと呼ばれる、DEAD(死んだ動物の肉)、DISEASED(病気の動物の肉)、DYING(死にかけの動物の肉)、DISABLED(障害のある動物の肉)、このような動物の肉が原料として使われている場合が多いです。
おそろしいですよね。

原料には、鶏肉、ラム肉、サーモンなどと名前がきちんと表記されたフードを選びましょう。

人工添加物も危険です。

酸化防止剤のBHA、エトキシキン、着色料(赤色○○号など)は、がんやアレルギーの発症などの危険があります。

犬は視覚が弱く、特に色は鮮明に見分けられないので、着色料なんて意味がありません。

食いつきをよくするために、人工の甘味料なども使用しているフードもあります。

犬は毎日同じフードを食べているので、これらの危険物質もどんどん蓄積されてしまいます。

健康に元気に生活するためには、毎日食べるフードの質はとても重要です。体は食べた物で出来ていますから。

犬は自分でごはんを選ぶことは出来ません。

飼い主さんが愛犬の健康を考えてフードを選んであげましょう。

 

 

ドッグフードの原材料は何を見て選べばいい?

 

ドッグフードにはチキンやターキー等の他にセミモイストタイプ等の表示がされていてどれを選べばいいのか分からなくなってしまいますね。

基本的に総合栄養食・ドライフードと書かれている物を選びます。

犬の健康を考えますと柔らか食感・セミモイストと書かれている物についてはソフトな食感を出す為、防腐剤や湿潤調整剤等犬の身体に不必要な添加物が多く混ぜ込まれているのでお勧めしません。

まずはドッグフードのパッケージ裏や側面に書かれている原材料表示に注目しましょう。

表示の先頭に書かれている食材が主原料なのでチキン・ターキー・鹿等の肉の名前がしっかりと書かれていることが重要です。

犬に多い涙焼けや皮膚のトラブルは食物アレルギー由来の物が多いと言われていますので表示の頭に小麦・大豆・トウモロコシなどのアレルギーを引き起こしやすい穀類が書かれていない物を選べばリスクが下がります。

犬の健康に配慮したプレミアムフードと呼ばれる物では人間が食べる物と同じグレードの肉が使われています。

ネット上では悪評や評判が不安視されているものもありますが、やはり原材料や成分はすごくいいですし、うちのワンちゃんも美味しく食べています。

私のワンちゃんはカナガンが好きです。

キャットフードもあるようで友人の猫ちゃんを飼っている子にカナガンを勧めたら凄い食べるみたい・・・(笑)

ネット上の口コミで悪く書いているものもあるようですが安心してもらえればと思います。

こちらで口コミについて解説していました

カナガンキャットフード悪評|プレミアムキャットフードなのに危険?その真相とは


プレミアムフードは、表示の一番最初にフレッシュチキン・新鮮なターキー等の記載がされています。

高価なアメリカ・イギリス・カナダ等外国産の物が多いのですが、最近では国産の良質なドッグフードも登場していますので飼っている犬の体調や好みに合わせて選ぶ事が大切です。