ドッグフードってどう与えるのが正解!?

ドッグフードは毎日の食事ですので正しく与える必要があります。

ここでは、与え方について解説していきます。

 

ドッグフードの正しい与え方とは?

最近のドッグフードは犬の身体に必要な栄養素がバランスよく配合されている物が多く出てきています。

基本的に総合栄養食と書かれたドッグフードのみを与える事で健康的な食事を摂取できるとされています。

どうしてもおやつを与えたいときは主食の量を減らすなど工夫して与えます。

おやつの量の目安は大体1日の総カロリーの20%までと覚えておきましょう。

ドッグフードは通常1日1回もしくは2回を目安に与えます。

ドッグフードのパッケージに書かれている量はあくまでも目安と考え日頃の体重の変化や体調に合わせて調節してあげましょう。

特に犬の場合様々な犬種が存在し体の大きさや体質が大きく異なりますのでそれぞれの犬種に合わせた専用のフードを与えるのもおすすめです。

例えば小型犬は胃が小さいので1日の量を一気に与えてしまう事は胃腸の負担が大きくなるので避けます。

大型犬の場合でも胸板の厚い犬種、例えばラブラドールやシェパード・グレートデーン等は胃捻転を起こしやすい犬種ですので一度に多くのドッグフードを与える事や食後直ぐに運動させると胃捻転・胃拡張の危険性が高くなります。

最悪の場合緊急手術という事も有り得ますので運動した前後1時間はフードを与えずに休ませてあげましょう。

 

ドッグフードを与える時間

人間の食事は、大体毎日同じ時間になることが普通ですね。

仕事や学校に行くのであれば尚更ですし、食事のサイクルが体のサイクルを作っているといっても過言ではありません。

では犬の場合はどうでしょうか。

本来は動物というのは毎日同じ時刻に食糧にありつけるとは限りませんから、ペットの犬でも本来はピッタリ同じ時間に与える必要はありません。

むしろ、生活の中のルーティン行動とご飯を与える時間を結びつけてしまうことで、必要が無いのにその行動によってご飯を欲しがる反応をしてしまうようになることもあります。

元々は群れの生き物ですから、欲しがった時にあげたりあげる前にいつも同じ予兆を見せるよりは、犬が察することのないタイミングで、群れのリーダーである飼い主のタイミングで与える方が良いとされています。

欲しがったから貰えた、と思わせてしまうことで自分が群れの上位と思ってしまい、他のしつけに影響することがあるからです。

とはいえ、日中仕事をしている人などは帰宅→ご飯をあげる、という流れを変えるのは難しいですよね。

そのような場合でも帰宅したてで犬がまだ興奮している間より、手を洗って着替えて、などひと呼吸おいてからのタイミングであげると良いです。

いまや家族として接することが当たり前になった犬と人間ですが、犬の本来の習性を知ってあげることでお互いのストレスや不安も減り、より楽しいペットライフに繋がりますよ。


Warning: Use of undefined constant お名前 - assumed 'お名前' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/dawawa640107/fujiyoshida-omiyage.com/public_html/wp-content/themes/refinesnow2-1.2/comments.php on line 31

Warning: Use of undefined constant メールアドレス(公開されません) - assumed 'メールアドレス(公開されません)' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/dawawa640107/fujiyoshida-omiyage.com/public_html/wp-content/themes/refinesnow2-1.2/comments.php on line 33

Warning: Use of undefined constant ウェブサイト - assumed 'ウェブサイト' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/dawawa640107/fujiyoshida-omiyage.com/public_html/wp-content/themes/refinesnow2-1.2/comments.php on line 35