新しいドッグフードの切り替え方とは

新しく買ったドッグフード。

早く食べてほしいけどどうやって切り替えたらいいの?

ドッグフードの正しい切り替え方法とは?

 

最近では犬の成長・疾患に合わせたフードが沢山出回っていて犬の健康を気遣っている飼い主さんは犬の体調や好みに合ったフードをローテーションを組んで与えてる方も少なくありません。

ドッグフードを切り替える機会は多くなってきていますね。

近年、食材のアレルギー等病気の原因を見分ける為スパッとドッグフードを切り替える方法を推奨している説も見受けられるのですがこの方法はあまりおすすめできません。

人間でも普段食べ付けない物を急に食べると消化不良や胃もたれ・下痢等不快な症状に見舞われてしまいますよね。

犬の場合も同様で急激にフードを切り替えてしまうと胃腸に大きな負担がかかり嘔吐や下痢等を引き起こしてしまう恐れがあります。

重度のアレルギー症状や疾患等早急に対処しなければいけない場合を除けばドッグフードの切り替え方法は従来通り時間をかけて徐々にする事が犬の身体に優しく負担が少ないのでおすすめです。

まずは今まで与えていたドッグフードに1割ほど新しいドッグフードを入れていきます。

そして犬の体調の変化等様子を見ながら新しいフードの割合を増やし今までのフードを少なくしていきます。

完全に切り替えるまでの目安として約2週間~3週間程見ておいた方が良いでしょう。

 

 

ドッグフードを新しいものに切り替える際の注意点とは

最近では犬の体調に合わせた物や自然素材で作られたドッグフードを購入することが出来、犬の健康に気を使う飼い主さんが多くなりました。

アレルギーなどの症状が有る場合や飽きがこないようにとローテーションを組んだりする方も多くドッグフードの切り替えを経験する機会も増えています。

ドッグフードを切り替える際に注意していただきたいのは目まぐるしくコロコロとフードの種類を変えない事です。

基本的に今食べているフードがその子の体調に合い何の問題も無く健康に過ごせているならばフードを切り替える必要は無いと考えましょう。

人間でも普段食べ付けない物を口にするとお腹を壊したり体調を崩すことが有りますね。

犬の胃腸は繊細で人間と同様食べ物の変化でストレスを感じたり、食物不耐性で軟便や下痢になったりと体調を壊してしまう原因になります。

*食物不耐性とはアレルギー症状ほど重い物では無いけれど体に合わない食物を食べた場合に起る腹部膨満感・ガスの発生・軟便等不快な症状の事です。

特に子犬の場合は下痢が長く続くと命に係わるのでお迎えしてしばらくはそれまで食べていたフードを与える事が大切です。

そして切り替える際は徐々に時間をかけ行う事で急激な変化によるリスクを下げることが出来ます。

切り替えてから長く下痢や軟便が続いた場合は新たなフードは中止し速やかに病院へ連れていきましょう。


Warning: Use of undefined constant お名前 - assumed 'お名前' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/dawawa640107/fujiyoshida-omiyage.com/public_html/wp-content/themes/refinesnow2-1.2/comments.php on line 31

Warning: Use of undefined constant メールアドレス(公開されません) - assumed 'メールアドレス(公開されません)' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/dawawa640107/fujiyoshida-omiyage.com/public_html/wp-content/themes/refinesnow2-1.2/comments.php on line 33

Warning: Use of undefined constant ウェブサイト - assumed 'ウェブサイト' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/dawawa640107/fujiyoshida-omiyage.com/public_html/wp-content/themes/refinesnow2-1.2/comments.php on line 35